リストターンの練習法[画像付] 手首の使い方

リストターンの練習法[画像付] 手首の使い方

この記事では、リストターン(手首の返し方)を簡単にマスターできる「練習法」をご紹介します。

どうやって手首を返したらいいのかわからないし、タイミングをつかむのに時間がかかって大変ですよね。

更に、自分では手首が返せているのか、正しいリストターンができているのか判断するのって難しいですよね。

その悩みを簡単に解決するのがビジネスゾーンの練習」です。

このビジネスゾーンの練習を知っているだけで、簡単に正しいリストターンを掴みリストターンができたかどうかまで自分で判断できます。

リストターンの練習法

具体的な練習方法を紹介します。
しかしその前に最初からフルスイングでのリストターンを身に付けるのは時間がかかります。
まずは腰から腰の間のスイングでリストターンをマスターしましょう。

リストターンを身に付けるためにはビジネスゾーンで練習する

ゴルフにおけるビジネスゾーンとは、スイングの中で腰から腰の高さの間の事です。

キャディさん
インパクトゾーンと言ったりもします。

ビジネスゾーンで綺麗に当てる、まっすぐ飛ばすことができれば

そのゾーン内ではバランスの取れたリストターンができています。

まずは、ビジネスゾーンだけの練習をしましょう。

ビジネスゾーンの練習をし始めて最初のうちは

腰から腰の振り幅なのに、右にボールが飛んでしまうことでしょう。

しかし、気にすることはありません。

ここで、ビジネスゾーンだけのスイングで右に行ってしまう方は

手首が返って来るタイミングが「遅い」のです。

自分の中で、早めに手首を返す、被せる、練習をしましょう。

イメージとしては、「ボールに当たるより前に手首を返す」イメージです。

早すぎるくらいのつもりで大丈夫です。

ビジネスゾーンでしっかりとまっすぐ飛ぶ様になったら、フルスイングでリストターンができる様になるのも時間の問題です。

リストターンしてフックボールを出せるようにする

ロングアイアンでもフックボールが出せるように練習しましょう。
リストターンができていないとスライスかまっすぐしかボールは飛びません。
ゴルフの練習や上達では、「真逆」の弾道の出し方を知ることが大切です。
そのために極端な手首の動かし方をして今の自分と真逆の感覚を掴んでみましょう。
以下の画像の様に極端に手首を返すとフックボールが出ます。
フックボールがなかなか出ない方は、手首を返し切った右の画像の状態になるタイミングを早くしてみましょう。

リストターン

ロングアイアンでフックが出せるようになると、初心者脱出は早まります。

ロングアイアンの上達方法

リストターンが出来ていなかったり

タイミングが遅れていたりすると、ボールはフックしないことが多いです。

まずは、ビジネスゾーンのスイングでもフックが出るように練習し

「球をつかまえる感覚」を身に付けましょう。

この練習法を知っていて意識していれば

私の中級者までの練習場代はもっと削減できたのに、と思いますので是非皆さん試してみてください。

無意識にリストターンをすることが大切 

練習器具

そもそも、スイング中に体のどこかに意識を向けてスイングすることは

実は望ましくありません。

手首についても同じで、ローテーション出来ていれば意識してはいけないです。

身体の1部分の動き方を意識して、スイングすると ミート率が下がる

という研究があるくらいなので、練習方法を工夫して、無意識に体を動かせるようにしましょう。

手首のローテーションにおいても、

たぬき
ここでこう曲げて。。。 

とかいうようにスイングの最中で考えてするものではないです。

1度動かし方を覚えてしまえば無意識に出来るようになりますので

手首の動かし方については意識しないでもコースでできるように、しっかり練習しましょう。

・リストターンはビジネスゾーンでまっすぐ球を飛ばして感覚をつかむ
・フックボールを出せるまでリストターン練習をする

レッスンを受けて上達したい方

本当はゴルフのレッスンを受けてみたいけど、高価で踏み切れないと言う方はまずは動画レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。
レッスンの様に決まった時間に通う必要もありません。
自分の練習場に言ったタイミングや隙間時間に携帯で動画を見ることができます。
動画でのレッスンであれば受講を始めるのもやめるタイミングも自分の自由です。
初月無料の動画レッスンのピタゴルをお勧めします。

人気レッスンプロのゴルフ動画なら【ピタゴル】

[関連記事]
ロングアイアンの練習方法 ロングアイアンはナイスショットする必要はありません。

正しいアドレスとは。できているつもりでも自分では見えていません