ゴルフの花粉症対策はマスクだけでは不十分です。おすすめのアイテムを準備して備えましょう。

ゴルフの花粉症対策はマスクだけでは不十分です。おすすめのアイテムを準備して備えましょう。

この記事では、ゴルフにでの花粉症対策を紹介します。花粉の時期でもゴルフに行ってしまうゴルフ愛の溢れる方も、花粉の時期を避けてゴルフしている方も参考にして頂いて今までよりも、もっとゴルフを快適に楽しめたら嬉しいです。

ゴルフ場での花粉症対策


基本的にはアイテムを使って花粉を防ぐことが1番効果的です。知らないアイテムが無い方は目次からアイテム以外の項目をクリックしていただくとアイテム以外の花粉症対策だけを見ることが出来ます。

マスク

花粉を水に変えるマスク


ど定番ですが、やはり花粉症の対策にはマスクです。ゴルフ場や練習場で見かけるゴルファーのマスクは普通のマスクの方が多いように見えます。せっかくゴルフ場でラウンドするのであれば、その時は良いマスクを試してみてはいかがでしょうか。

サングラスの効果は絶大でした


サングラスが花粉症対策によく効くってご存知でしたでしょうか。
私はおそらく軽度な花粉症です。
サングラスをかけていなかった前半とサングラスをかけた後半では、後半の方がかなり快適にゴルフが出来ましたし鼻水も出にくくなったのでおすすめします。軽度な花粉症の方はサングラスから試していただくことをお勧めします。
オシャレなサングラスといえば個人的にはオークリーをお勧めします。高価なものですので、コスパ重視であればスポーツショップやネットでも1000~3000円でも販売しています。

ラウンドでは箱ティッシュとゴミ袋を準備しましょう。


いくら準備をしていても、ラウンドや練習場でも鼻水や涙は出てしまいます。
鼻をかみたい時にかめずにすすっていると、頭が痛くなったり、パッティングに集中出来なくなります。
鼻をかんだティッシュが飛び散らない様にしっかりゴミ袋に入れましょう。
準備をしていれば使わなくても問題無いですし、少しくらい鼻水が出ても精神的に余裕ができます。
せっかくのゴルフを楽しくするためなら、数百円の準備はしっかりとしましょう。

点鼻薬で直接的に対処できます

お昼休憩やラウンド後には点鼻薬をさしましょう。
花粉症はアレルギー反応ですので、治まるのに時間がかかります。
ラウンド後に食事会や反省会が予定されているのであれば、花粉で台無しにしないためにも、点鼻薬などで少しでも回復しましょう。
一瞬でも目や鼻がスッキリすると、頭の中も考え方がクリアになります。

花粉はお風呂でも取れない人もいます

花粉対策の準備を怠って、「お風呂で回復するからいいや」と思っていると痛い目にあうかもしれません。
私が花粉症の知り合いの方とゴルフをした時に、お風呂に入っても鼻水や涙が止まらずに辛そうにしていた方がいました。
服も全て着替えても、身体のアレルギー反応が残っていたのかもしれません。道具での対策を万全にしましょう。

飲み物は多めにこまめにとりましょう。

花粉症で、鼻水や涙が出ると、自然と水分が体から出ていきます。
脱水症状にならないようにする為にも、水分を多めにとりましょう。
プロゴルファーの中には、1ラウンドで2リットルを飲むゴルファーも居ます。御手洗の位置に注意しながら、こまめに水分補給しましょう。

花粉症の薬・注射・治療について

どんな病気でも同じことが言えますが、病気の治療には、2種類の対処法があります。
病気の症状を抑える方法(花粉症の場合は鼻水や涙を少なくする)病気の根源を治療する方法(花粉アレルギーは、花粉に対しての身体の免疫反応なので、免疫療法をすること)病院へ行って治療をする事はもちろん大前提ですが、自分がなんの治療をしているか自覚しながら治療しましょう。
花粉症対策には、1回で効くステロイド注射という方法もあります。
1回で良いという大きなメリットもありますが、長期間作用するステロイドを体内に入れるという事は、副作用が出た場合も作用は長く続くというリスクがあります。また呼吸器系に不安がある方には禁忌です。
メリットだけに目を向けずに、リスクを理解して行いましょう。

免疫療法


免疫療法のメリットは、花粉症の根本のアレルギーを治療できる点です。
しかし、何度も病院へ通う必要がありますし、免疫というのは個人差が激しいため、完治するかどうかは医師にもわかりません。
身体への負担の少なさや安全性を考えるならば免疫療法をオススメします。

対症療法


鼻水や涙の薬を服用することも問題ありません。
しかし、唾液など体の他の部分の水分量も減ることを知っておきましょう。
そのため、普段より小まめに水分を取る必要があります。
花粉の時期で辛い!と言いながらもTwitterなどでは沢山のゴルフ報告があがっていて、とても嬉しいです。ゴルフ場と花粉は切っても切れない関係ですので、上手なお付き合いの方法が見つかると嬉しいです。


【関連記事】