ゴルフのグリップの太さについて

ゴルフのグリップの太さについて

皆さんは、グリップの太さについて考えたことはありますか。

自分のクラブのグリップの太さを知らない方も多いと思います。

クラブのグリップの太さはグリップエンドに書いてあることもありますが、

ほとんどのクラブは、一般的にM60(0.60インチ)という太さで作られています。

グリップの太さは、「シャフトの太さ」と「グリップのゴムの厚み」によって決まります。

シャフトの太さに合ったグリップを巻くことが推奨されてはいますが、異なる太さのグリップを巻くことも可能です。

メンズ用はM60が一般的です。レディスはL60などですね。

太いグリップの特徴 例:M58など

操作性重視、ミート率、方向性が上がる

手首使いにくく、右、スライスになりやすい

太いグリップは操作性重視です。安定感が増しますが、手首の動きが使いにくくなるので、右に出やすくなります。

フックで悩んでいて、グリップが細いと感じているならば、太いグリップに変更を検討するのもいいかもしれません。

細いグリップの特徴 M62など

飛距離が伸びやすい

フェイスはぶれやすくなる

やりすぎは先端が重くバランス悪くなる

細いグリップは、飛距離を伸ばす方法の1つですが、1本のクラブ全体で考えると、先端が重くなりやすいので

バランスが変わります。

しかも、今までよりもフェイスがぶれ易くなるので、今までミスではなかったショットも左右にぶれる可能性があります。

スライスに悩んでいて、グリップの太さに悩んでいる方は、変更を検討するのもいいかもしれません。

グリップが太くて困っている方へのアドバイス

グリップ太くて困っている方は、M62などのグリップを巻く方法とそのほかの対策として

「バットをなどのより太い物を振る」方法があります。

created by Rinker
ライト(LITE)
¥3,244 (2019/09/16 10:53:25時点 Amazon調べ-詳細)

素振りや、練習前のアップでもいいですが、出来れば練習よりも頻繁に

ゴルフクラブのグリップよりも太い物を振って慣れることで、ゴルフクラブのグリップがより細く感じます。

これは、指が短くて悩んでいた研修生の解決方法で、結果的にグリップしやすくなっただけでなく

バットを振ったおかげで、スイングスピードと飛距離が上がったそうです。

グリップ交換は一大イベントですので、この方法も検討してみてください。

グリップを削ると、元々のクラブとのバランスが崩れて、先端が重くなったり、

左右のバランスが崩れてしまうので、あまりお勧めできません。

グリップの硬さ

グリップには硬さの違いもあります。

イオミックでは0~100で硬度を数値化していますし

ゴルフプライドでは、種類で硬さが異なります。

ゴルフプライドのソフト➡CP2,VDラバー

created by Rinker
ゴルフプライド(GOLFPRIDE)
¥1,025 (2019/09/16 10:53:26時点 Amazon調べ-詳細)

ソフトグリップは、一般的なグリップです。

硬さに強いこだわりが無ければこちらのタイプを選ぶのが無難です

ゴルフプライドのハードタイプ➡Zコード,MCC

created by Rinker
ゴルフプライド(GOLFPRIDE)
¥800 (2019/09/16 10:53:27時点 Amazon調べ-詳細)

ハードグリップは、強くしっかりと握りたい方向けです。

ゴルフグリップのバックラインの有無

バックラインと言ってグリップの後ろ(構えた時に下になる側)に目安となる突起がついているものもあります。

握るときの指針が欲しい方には

バックライン有りのグリップがおすすめです。

オススメのグリップ

筆者のオススメのグリップは何と言っても「イオミック」です。


持ってみるとすぐにわかりますが、吸着感が抜群です。
スイング中にグリップのズレを感じたり、弱い力で握りたい方にはオススメです。
少し使っていると、自分の握る形にグリップが少しずつ変形していくので、状況によってグリップを変えている方にはあまり向かないかもしれません。

関連記事