レーザー距離計測器とGPS距離計測器1万円以内と2万円以内のおすすめ商品も紹介します。

レーザー距離計測器とGPS距離計測器1万円以内と2万円以内のおすすめ商品も紹介します。
この記事では、レーザー距離計測器とGPS距離計測器を値段別で紹介します。
レーザーとGPSについて、どちらを選ぶか迷っている方は、それぞれのタイプ別のメリットを書いていますので、参考にしてみて下さい。
結論
「簡単にサッと距離を確認したい方」
→GPSタイプの距離計測器
「正確にピンまで以外の距離も測定したい方」
→レーザー距離計測器
となります。

1万円前後で購入できる距離計測器

正直、1万円前後の距離計測器を新品で探すのは大変です。
とりあえず試したい。どんなものか知りたい。くらいの気持ちの方へオススメです。
suaoki レーザー距離計 ゴルフ PF3 レーザー測定器 最大測定距離600m 高低差測定 距離·高さ·角度など計測 操作簡単 練習場 コース ラウンド 狩猟 スポーツ競技 登山 仕事 工事現場 測量探査など対応 グレー
Suaoki

2万円以内で購入できる距離計測器

created by Rinker
ニコン
¥17,300 (2019/12/12 22:25:56時点 Amazon調べ-詳細)

とにかく、上質な距離計測器

Nikonはプロゴルファーにも人気のブランドです。

created by Rinker
ニコン
¥40,980 (2019/12/12 20:05:26時点 Amazon調べ-詳細)

レーザー距離計測器のメリット

数値が正確です。

GPSでよく起こる隣のホールとの読み間違いや電波状況でのずれは起きません。

木まで、ヤード杭までの距離が測れる

GPSでは、グリーンのエッジ、センター、奥までを表示してあるものがほとんどですが
「あの池まで何yardだろう」
「あのバンカーに届かないクラブで打ちたい」
と思うことがありますよね。
そんな時に、レーザーであれば、目標の近くの木や目印に向けて距離を測れば、目標までの距離がわかります。

GPS計測器のメリット

持ち運びが楽、見えない場所の距離も測ることができるなどが挙げられます。

GPS測定機は扱いが簡単です。

スタート時に電源を入れておくだけでずっと距離を測っていてくれます。

距離が気になる時だけ、GPSを取り出して見れば良いのです。

ドッグレッグのホールでも使用可能

1つのホールの中で、曲がっているホールをドッグレッグのホールと言います。
自分のボールの位置から、ピンまでの間に障害物(木の枝など)があった場合でも距離が測定できます。
レーザー型距離測定器は、対象物にレーザーを当てないと距離を測定できないので物理的に直角に曲がるホールなどでは計測できません。
[関連記事]
キャディの教える距離の読み方
ゴルフ道具の記事の一覧に戻る