シャンクに悩んでいる中級者の方へ シャンクの直し方とトゥ側で打つメリット

シャンクに悩んでいる中級者の方へ シャンクの直し方とトゥ側で打つメリット

この記事はシャンクに悩んでいる方へのアドバイスの1つです。

シャンク1つでその日のラウンドが台無しになったり、その後のゴルフが壊れる事ってありますよね。

そんなシャンクですが、直すために「スイング改造」を必死でしている方を見かけますが少し待ってください。

スイングは変えてしまうとすぐには戻せないので、まずは「当てる場所」を変えて試してからスイングを改造してみてはいかがでしょうか。

シャンクを直すのにスイングを変える必要は無いことが多いです。

シャンクの直し方をネット調べると、

「インサイドインに軌道を直す」とか、「過度のハンドファーストのせい」とかよく見かけますが、スイング自体を直すのって大変ですよね。
ましてや練習で沢山練習して直ってもラウンド中に再発してしまいます。

ならばどうやって直すか、というとフェースのトゥ側に当てる。
これだけです。

なぜこれだけなのかというと、シャンクの原因がネックに当たっているだけだからです。
シャンクはネックの所にボールが当たって起きるというのは知っている人も多いと思いますが、その原因を直すのだからトゥ側に当てれば良いだけなんです。

トゥ側に当てる方法は、皆さんの今までのアドレスの時のボールの置く位置をボール1個分、いつもより外側に離してください。
あとは、いつものところにボールがあると思って振る。

これだけです。

いつも構えている、点線の位置からボールを先っぽに変えてください。

先っぽ(トゥ側)に構えてもシャンクします

最初のうちはそれでもネックに当たってシャンクするので驚くかもしれません。それくらい、ネックに当たるスイングなので仕方ないです

自分で当たっている場所を確認する方法として、インパクトマーカ―シールを貼るのがおススメです。

数百円ですし、練習場の売店にも置いてあるかもしれません。

ボールがクラブに当たった場所を目で見て自分がどれだけネックで当たっているか確認しましょう。

created by Rinker
DAIYA(ダイヤ)
¥172 (2020/09/25 13:53:19時点 Amazon調べ-詳細)

また、どんどんボールの位置を先にして本当にトゥで当たるまでずらしましょう。

私のシャンクに悩んでいるときは、ボールがクラブから1つはみ出てようやく真芯に当たりました。

シャンクが直る以外のトゥ側で打つメリット

トゥ側で打てるメリットはシャンクがなくなるだけではありません。

トゥ側というのは、クラブのフェースの高さも高く、溝も多いですので、万が一トゥ側に当たってもあまり芯と変わらない弾道、飛距離、スピン量が出せます。

そもそもネックで打ってシャンクを出しているのだから、最初のうちはトゥ側でなんて、打てません。

良くて、芯。狙っても芯とネックの間。悪いとネック=シャンク
になります。

ただこの方法のメリットは、スイングの改造と異なりラウンド中に実践出来るだけでなく、修得した後もメリットがあります。
最大のメリットは、今まで築き上げてきたスイングを壊さない事です。

「シャンクが出る」と思えるなんて、初心者でない証拠です。

初心者はシャンクで悩む前に他の直すことがありすぎて、それどころではないです。
少なくともシャンクで悩めるレベルまでゴルフを頑張って来られたのだから、その過程で築いてきたスイングを壊して、他の悩みが出来て欲しくは無いです。

またスイング矯正と違って、自分に向かないと思えば元に戻せば良いのでそこもメリットです。

created by Rinker
DAIYA(ダイヤ)
¥172 (2020/09/25 13:53:20時点 Amazon調べ-詳細)

※シャンクの体験談

自分がシャンクに悩んだのはスコアが90前後の時に1度と、80前後で1度悩みました。
90前後の頃は、相談したアマチュア上級者の方(アベレージ75~80)に、「練習不足だょ」と言われ、諦めて練習しているうちに、勝手にスイングが変わっていって治りました。
二度目は研修生に相談すると、「ハンドファーストが過ぎるんでないですか。どんな時にシャンクするか考えてみて下さい」と言われました。
考えてみると確かに打ち込みにいった時、すくったりはらったりする打ち方の時は出ないことがわかりました。
ただし打ち込むということは必然的にハンドファーストになるのと、スコアが右肩上がりで80前後まで来ていたのでスイングは変えずにむしろ固めたかったです。
なのでフェースに貼るシールを貼りどうやったらシャンクしないか考えて練習しているうちに、また違う研修生の子に「トゥ側でも芯でも球質そんなに変わらないですよ」と教わり、やってみると実際その通りでした。
それからトゥ側で狙ってもヒール気味に当たる事はあるものの、練習やラウンドで意識して遠くにボールを置いているうちに、アプローチまで出ていたシャンクが直っていき、80も切る事が出来ました。

こう書いてみると、周りに恵まれた環境のおかげで簡単に直せたように感じます。
しかし実際自分は、この期間何ラウンドもシャンクが一発出て1日中狂う事もあったし、練習場で30%シャンクという恐ろしい時期もあり苦しかったです。
これを読んでくださった方には出来れば最短で乗り越えて欲しいので、是非まずはボール置き位置から変えてみて欲しいです。

※まとめ※ミートスポットをトゥ側にするメリット

シャンクの根本を直せる。
スイングを壊さなくて良い。
スイングで何が悪かったか考える必要がない。
自分が気に入らなければすぐ元に戻せる。
芯について広く考えられる。
アイアンで意識するアマチュアが少ないフェースの当たる部分について、意識が向く。

[関連記事]

ドライバーも当てる場所で飛距離や弾道が変えられる。アマチュアの傾向もまとめました。

created by Rinker
DAIYA(ダイヤ)
¥172 (2020/09/25 13:53:20時点 Amazon調べ-詳細)