練習場ではうまく打てるのに、コースで打てない3つの理由。良いスコアが出ない方へ

練習場ではうまく打てるのに、コースで打てない3つの理由。良いスコアが出ない方へ

この記事では、練習場での達人について紹介します。

「練習場ではうまく打てるのに、コースで打てない」って、よく聞きますよね。

解決するためには理由を知ることが必要です。

3つの理由を知ることで、練習場での達人が解決しますよ。

3つ目の理由が最大の原因ですので、興味があれば3つ目だけでも読んでみてください。

1,物理的な理由

2,精神的な理由

3,勘違い

1,物理的な理由

物理的な理由は知っている方も多いと思います。

・練習場はマットなのですべる

練習場ではコースの芝と異なりダフってもクラブソールが滑ってくれてナイスショットになる というのは有名な話です。
コースでは土にクラブがめり込んで飛距離が落ちてしまいますよね。
練習場でよりシビアな状況で練習するのであれば足場のマットから打つという練習を試してみるといいかもしれません。
練習マットよりも何倍も難しくなります。

・傾斜がない

練習場では地面が平らで、足の高さとボールの高さも同じです。場所によっては狙いどころのグリーンも打つ場所と同じ高さだったりします。

足元に傾斜があることはもちろん、狙う場所と、自分の立っているところの高さが大きく異なることも珍しくありません。

打ち上げではボールを高く上げようとしてしまって、ダフる、というようなことも多々おきます。

傾斜のない練習場でコースよりもよく当たるのは当然のことかもしれません。

ラフもハザードも無い

練習場から打つ時にラフに埋まったボールや、ラフからのアプローチは練習できません。

フルショットに関してはフェアウェイもラフも同じ打ち方で問題ないのですが、いざコースに行ってフェアウェイの時と同じようにラフから打てるようになるまではある程度の「コース経験」が必要です。

この部分は最初はあきらめて、コースに行った時に

「ラフからでもいかに平常心で打てるか」を意識してショットするようにしましょう。

ハザードについては精神的な要因にもなりますので、以下で記載します。

2,精神的な理由

・ミスしても次のボールがあるからいい

これは一番大きな精神的な余裕です。ボールもたくさんありますので、目の前の1球をミスっても次の球があります。

自分で購入したボールでもないので、思い入れも少ないです。

このミスしてもいいという気持ちを少しでも減らすために、練習場では毎球、狙いを変えましょう。

狙った場所にボールが飛ばないと、その場所にナイスショットできるまで、打ち続ける方がほとんどのような気がします。

コースではそんな状況は起こりませんので、うまくいかなくても毎球狙う場所を変えましょう。

練習場ではバンカー超えのショットも池越えもOBもありません。
そんな環境はゴルフ場ではほとんどないですし、あったとしても他の要因が木になるはずです。

ゴルフ場での緊張感を持った時に自分の出やすいミスを自覚するか
ゴルフ場で打つ時に練習場のようにリラックスするかしか方法はありません。

3,勘違い

これが残念ながら1番大きな理由です。「練習場ならうまく打てるのに」と言う方のほとんどが、何球中、何球 ミスショットが練習場で出るのか数えていないです。

練習場の最初の1球と最後の1球をうまく打てていません。

その最初の1球と最後の1球こそ、コースでの状況に近い1球です。

最初の1球というのは、コースではいきなり本番の1球が始まりますので、練習場での最初の1球も大切にして、意識してみてください。
朝一のショットが不安なかたは
「自分の最初の1球がどの方向に飛びやすいか」を知らないことが原因です。

コースでのほうが真剣な素振りが必要です

練習場では、同じクラブを連続して何球も打ちますが、コースでは長さの違うクラブを1球ごとに打ちます。
最後の1球では、「次の球がない」というコースに近い状況を作れるので、意識してみましょう。

何球中何球というデータを取るのは大変なので、「何球連続でグリーン幅に収まるショットが打てるか」を数えるといいでしょう。

練習場であれば100yardのグリーンに30球連続で乗せてスコア85程度です

1度研修生の子と、100yard先の20yardほどの直径のグリーンを狙い、外したら負けのサドンデスをしました。
30球ずつ打っても決着がつかなかったので、半分の幅にして、計50球目(2人で100球目)ほどで自分が負けて決着しました。

当時の自分はベストスコア80くらいで、このことからわかるように、特にショットメーカーでもなかったので、80~85くらいのスコアでラウンドするには100yardには、その程度の精度が必要というのは基準になるかと思います。

初心者の方は、5球でも10球でもいいので、連続が途絶えるまでの球数を増やせるように練習し、自分でもわかる成長の基準としましょう。

1番の勘違いを防ぐ理由は、自分より平均で10打以上スコアの良い人と練習すると、謙虚になり、勘違いも減ります。

謙虚に上達して、楽しいゴルフライフを送りましょう。

物理的に練習場では良いショットが出やすい

クラブを変える最初と最後の1球を実力と思う

自分よりコースで上手な人は、練習場ではもっと上手です。

[関連記事]

練習場での効率的な練習方法

ゴルフのアドバイスの聞き方