ドライバーの打ち方 縦横振りを理解すれば左右へ自在になります(写真解説付)

ドライバーの打ち方 縦横振りを理解すれば左右へ自在になります(写真解説付)

この記事では、ドライバーの振り方の軌道について紹介します。

また、スライスやフックに悩む方の曲がりをスイング軌道で修正することができるので、その打ち方を紹介します。

アッパーブローやダウンブロー、縦振りや横振りって沢山あって、難しいですよね。画像付きで説明しますので、理解していただいて、自分にとって正しい軌道でスイングしてみてください。

軌道と曲がる方向の関係を知っているだけで、簡単に左右に打ち分けることも可能なので、さらにゴルフが楽しくなります。

ドライバーの打ち方について、以下のポイントがあります。

・軌道がアッパーブローになったところでボールに当たる。

・アイアンよりも少し横振りになる。

・横振りと縦振りで弾道を左右に変えられます。

横振りと縦振りで何が変わるのか

縦振りの場合、インパクトを強く打ちやすい、スライスを打ちやすいなどのメリットがあります。
横振りの場合、払い打ちがしやすい、フックが打ちやすいなどのメリットがあります。
ドライバーでは一般的には縦振りがいいと言われることが多いです。
しかし、今回の記事を読んでくださっている方は縦横で悩んでいる方も多いと思います。
まずは練習場で自分にとっての縦振りと中間と横振りを試していただきたいです。

個人によって身長や身体のバランスが変わるため、自分の身体にあったスイングプレーンであることが縦か横かよりも重要です。
自分にあったスイングをしていると、再現性が高くなりゴルフのスコアアップには近道です。

横振りと縦振りで弾道(フック、スライス)を変えられます。

縦振り←             →横振り

現在の自分のスイングよりも

縦振り(画像左)にすると、スライス傾向になります。

横振り(画像右)の程度を強くすると、弾道はフック寄りになります。

自分はこの方法で曲がり幅を調整することも多々あるので、是非打ちっぱなしで、

横振りのフックと、縦振りのスライスを打ち分けてみてください。

左右の曲がりは、上半身と下半身の捻じれのタイミングや

リストターンのタイミングでも変わります。

それらの他の要因を変えずに、すぐに弾道を変えるのに有効だった方法を紹介しました。

リストターンを返す方法については以下の記事で紹介しています。

横振りはフック、縦振りはスライスが出やすい

リストターンの返し方と練習方法

長いクラブは少し横振りになる。(身長によっても軌道は変わる)

ドライバーはアイアンと比べて標準の軌道が振りになります。

この理由は、ドライバーが1番長いクラブだからです。

アドレスの前傾姿勢をどのクラブでも同じ角度で取りますので、長いクラブは必然的にボールから離れて構えることになり、横振りになっていきます。

また、同じ理由で背が高い方は、アドレスの時の手の位置が高くなり、縦振りに近くなります。

背が低い方の方が、横振りになります。しかし、横降りは何も悪くありません。

自分に合ったスイングの軌道を見つけましょう。

USPGA ツアーにて デシャンボー という選手がアイアンの長さをすべて同じにして、ロフトの差だけでアイアンの番手を使い分けていました。

「アイアンに比べて横振りだから直さなければ」とは考えなくていいので安心してください。

様々なゴルフ歴の方の縦横振りに対する考え方

たぬき
ドライバーからウェッジまで、同じイメージで打つのか教えてください 

ツイッターでこんな質問を投げかけたところ、沢山の方が答えてくださいました。

しかも理由なども含め、丁寧に色々な意見を教えてくださいました。

ありがとうございます。

普段からゴルフに関するツイートをしています、よろしければフォローお願いします。

@tanuki_golf

ドライバーとアイアンで異なるイメージを持つ方も多いですが、同じイメージで打つ方もいらっしゃいました。

自分の振りやすいイメージで良い!というのが結論です。

レッスンを受けてみるのも1つの手段です

縦振りや横振りの前に基本的な考え方を学ぶことで改善される方もいます。
振り方よりも飛んでいくボールが重要で合って振る過程は手段にすぎません。
ゴルフの上達方法は自分で情報を得るだけでなく、世の中にある沢山の情報の中から自分に合った上達方法を取捨選択して自分に落とし込むことも大切です。
Web媒体やゴルフ雑誌の他に、動画の媒体を使って学ぶことは新しい自分の可能性を広げる可能性があります。
自分の苦手なポイントだけを動画で見てレッスンを受けられるピタゴルを試してみてはいかがでしょうか。
今は初月無料のようです➡︎ピタゴルの動画を視聴する

ドライバーのアッパーブローの打ち方

アッパーブローについては以下の記事で紹介しています。
簡単にアッパーブローで打つ方法などを図付きで解説をしています。
ドライバーのアッパーブローの打ち方
ドライバーの打ち方まとめ記事一覧はこちら

[関連記事]

ドライバーの打ち方まとめ記事一覧はこちら

ドライバーの面の使い分け方

ドライバーでストレートボールを目指す方法

スライスの直し方①

スライスの直し方②

スライスの直し方③