飛距離が出なくてもゴルフは上達します。上達した方の体験談を紹介します

飛距離が出なくてもゴルフは上達します。上達した方の体験談を紹介します

飛距離が出なくて困っている方は安心してください。
上達とともに飛距離は勝手に伸びます。

飛距離=センスのようなイメージがあるので、飛距離が出ないとゴルフの上達が遅くなってしまうのではないかと思いますよね。

そんなことはありません。むしろ、私の周りには、飛距離が出ないままゴルフのスコアが上達して、その後飛距離が伸びた。

という方が沢山いらっしゃいます。

Twitterで仲良くさせて頂いている、エース@ゴルフさんのコメントを引用します。

飛距離相場

エース@さんは、とても謙虚な人柄で、自分の事を冷静に見ることが出来るゴルファーなので

このように仰っていますが、正直キャディ6年間の経験から言うと、この数値は平均的なゴルファーの代表です。
そしてエースさんは今は90台をコンスタントに出し、ドライバーの飛距離もかなり伸びています。

飛距離=平均飛距離 とするならばもう少し落ちると思います。

「この記事を読んで欲しい方」

・ベストスコアが90以上で飛距離が伸びないと悩んでいる方

・周りの方に飛距離で置いていかれて自信の無い方

・ある程度練習しているのに人より飛ばないのでセンスが無いのかと不安な気持ちの方

飛距離に悩むゴルファーは、飛ばし屋以外、全員なんです。

飛ばし屋の基準とは

たぬき

ある程度練習したのに、飛距離が伸びない

周りに比べて、自分はずっと飛ばない方だ

こんな悩みを持ったゴルファーさんが多いです。

しかし、ゴルフを始めたころは今よりも全然飛距離が出なかったですよね。

何番アイアンを打っても飛距離が変わらないどころか

ロングアイアンに至っては、しっかり当たらないので、ミドルアイアンの方が飛ぶということもありましたよね。

今後もそうです。上達とともに少しずつ飛距離は上がります。

ナイスショットは実力とともに変わります。

飛距離で悩んでいるゴルファーさんは、実は今も実力の向上の途中の状態なんです。

今の実力で

「真芯に当たった!」と思っている当たりが

実力が上がってくると、同じあたりをしても

「まあまあ(60点)かな」となります。

信じられないかもしれませんが、本当です。その繰り返しをしてうまくなっていきます。

ですので、ゴルフが上達すれば、ナイスショットの精度が上がり自動的に(勝手に)飛距離は伸びますので、

心配している方も、安心してゴルフを楽しみ続けてください。

私も、ベストスコア90を切るまでは、ドライバーの平均飛距離が180yard前後で

380yardのPer4を見ると、

たぬき

2オンできないじゃん

と思っていたことを覚えています。

現在の飛距離も240yardで、ベストスコアは76です。

ゴルフを始めてから今まで、自分と同じくらいのスコアの方に、飛距離で勝てたことはありません。

悩んでいるゴルファーの方も一緒に頑張りましょう。

上達➡飛距離の方の声を紹介します。

私が大学時代に在籍していたゴルフ部の同級生や後輩の声です。

現在では皆、70~80台でゴルフをしています。

これらの声からわかった通り、

・実力とともに飛距離は上がる

・芯に当たる確率が上がった時に飛距離が上がったと感じた

・スライスが治った時に飛距離が上がった

・ダウンブローに変わった時に飛距離が上がった

ダウンブローの練習方法とコツ

と感じている方がいるようです。

飛距離は、実力の向上とともに上がっていくのがわかっていただけたでしょうか。

もともと、飛ぶ人、飛ばない人が居ます。

ゴルフクラブを握った最初の練習場から、飛距離が出る人と、あまり出ない方がいます。

これは筋力の問題だったり、過去の経験(野球経験など)や

身体のやわらかさなど沢山の要因があります。

しかし、ゴルフの良いところは、飛距離が無くてもいいスコアが出せるところです。

ゴルフの実力はスコアで決まります。

飛ぶ人は、曲がらない球や、カッコいいアプローチをしたい

と思っていますし、飛ばない方は、飛ぶ人の飛距離があれば・・・と思っています。

自分にないものを求めたい気持ちや、苦手を克服するために努力するのは格好良いことです。

しかし、自分の目的が、「スコアをよくするのか」「飛距離を伸ばしたいだけなのか」

をよく考えるようにしましょう。

スイングスピードを上げずに飛距離を伸ばす方法もあります。

気になる方は読んでみてください。

ドライバーの芯で打つよりも飛ばす方法とアマチュアゴルファーの傾向

[関連記事]

ダウンブローの練習方法とコツ