マスターズ2020結果速報と各日上位選手の順位変動

マスターズ2020結果速報と各日上位選手の順位変動

この記事では、マスターズの結果と順位の変動を追いかけていきます。

初日トップの選手が最終的に何位になったのか。

最終的に上位に来た選手は、どのような順位の変化から上位にきたのか気になるので、グラフにしてまとめてみました。

マスターズ2020結果速報

2020マスターズ1日目

首位の-7にポール・ケーシー,ディランフリテッリ,ダスティン・ジョンソンの3人が並びました。
松山英樹選手は3打差の-4で 10位タイの好位置からのスタートとなりました。
マスターズの初日に松山選手が60台を出したのは初めてで、日本人ファンからも期待のかかるマスターズ2020となりました。

2020マスターズ2日目

首位の-10にダスティン・ジョンソン,ジャスティン・トーマスらの5人が並ぶ大混戦となりました。
松山英樹選手は3ホールを日没サスペンデッドで残した状態で2日目を終了しました。
1打差の6位タイの位置での2日目終了となりました。

2020マスターズ3日目

2020マスターズ最終日

マスターズ2019ハイライトと順位の変化

2019マスターズ1日目のトップ選手の2日目は?
各日トップの選手がどのような順位の変化をしたのか、グラフにしました。
文字でのハイライトでの振り返りもお楽しみください。

2019マスターズ1日目

デシャンボー・ケプカ等が
-6で飛び出しました。
 
1日目は風が4.5m/sとまずまず強めのコンディションでした。
 
日本人選手は、金谷アマが日本人最上位の+1でスタートしました。
松山英樹選手は+3となりました。
巻き返しと予選通過が期待されます。
 
初日首位選手スコア変動

2019マスターズ2日目

金谷選手が+3でホールアウトしていたため、首位の選手が-7になるか-8になるかで、予選通過と予選落ちが変わるという状況でした。
予選通過の条件:(首位から10打差以内)
何人かの選手が何度も-8に到達したのですが、後半にスコアを崩し-7で5人が並ぶという激戦の末、金谷選手は松山選手以来となるアマチュアでの予選通過を果たしました。
関連:マスターズにアマチュアゴルファーが出場する条件

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は c5b59f6f92aa303ecffd9640777756b6.png です

2019マスターズ3日目

 

2019マスターズ最終日

 
最終日は、悪天候が予想されたため通常の2サム(2人1組)から3サムに組み合わせが変更になり、更に、マスターズでは史上初となるINとOUTの両方からのスタートとなりました。
単独首位のFモリナリと、2打差のタイガーウッズが同じ組となり、会場がアメリカという事もあり、観客は完全にタイガーの応援一色となりました。
(ティショット時のスコア)
7番Per4(Fモリナリ-13 タイガーウッズ-10)
Fモリナリが1日目の11番H以来となるボギー(-12)を叩きます。
タイガーウッズは対照的にピンそば30cmに付けておりバーディを取得し(-11)1打差となります。
8番Per5(Fモリナリ-12 タイガーウッズ-11)
Fモリナリのティショットはバンカーへ3打目勝負となりますが下りの4mを残します。しかしこれを決め再び2打差へ
タイガーウッズは2ndをグリーン奥に外し3打目のアプローチは3mに付けます。これを決め返し(-12)再び1打差とします。
10番Per4(Fモリナリ-13 タイガーウッズ-12)
後半に入りタイガーのボギーで再び2打差になります。
12番Per3(Fモリナリ-13 タイガーウッズ-11)
ジョーダンスピースが池に落とし、大逆転で負けてしまったことのある池のある魔の12番です。
なんとここでオナーのモリナリが池に落としてしまいます。
タイガーは安全なサイドに1オンさせます。
モリナリは池の救済からのアプローチを寄せきれず2パットのダブルボギーとしてしまいます。
タイガーは長い距離を2パットでしっかりと決め切り、12番にして初のトップに並びます。
13番Per5(Fモリナリ-11 タイガーウッズ-11)
タイガーはティショットの最中に右足をすべらせますが、驚異のボディバランスで立て直し、見事フェアウェイに運びます。
ここで先を行く組の15番ホールのPキャントレーがイーグルパットを決め、-12とします。
14番ではシャフレが連続バーディで-12の首位とします。
13番では、ケプカもイーグルを決め、-11とします。
マッチプレー模様から急に大接戦となってきました。
最終組は2人ともバーディを奪い-12とします。
Pキャントレー、はスコアを落としてしまいます。
15番Per5(Fモリナリ-12 タイガーウッズ-12)
前を行く組のスコアが-12の選手が増えてきて伸ばさなければならないプレッシャーの中、タイガーは2オンに成功しました。
一方モリナリはティショットを右の林の中へ曲げ、レイアップしますが左のラフへ。
しかしここでなんと3打目をモリナリはグリーン手前の池に入れてしまいます。
1日で2回目の池に入れたことでモリナリが急に優勝争いから脱落してしまいます。
タイガーはきっちり2パットでバーディを決め-13とし、2019年マスターズで初の単独首位となります。
残る敵は、-12で並んでいるXシャフレ、Dジョンソン、Bケプカとなります。
 
16番Per3(Fモリナリ-10 Xシャフレ-12、Dジョンソン-12、Bケプカ-12 タイガーウッズ-13)
タイガーはティショットをピンそば30cmに付け難なくバーディを取ります。
ここで後続との差を2打差として、崩れなければ優勝のスコアとなります。
 
17番18番
2打差のリードを持ったまま最終ホールは3Wを持ちボギーを叩きますが、1stパットを30cmに寄せ、最後は大祝福の中優勝しました。
 
タイガーウッズは14年ぶりマスターズ制覇、10年ぶりメジャー制覇、初の逆転優勝となりました。
 
 
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は c0fe0e36519d4345117c042277073518.png です

 

 
 

2019マスターズ順位の遷移表

1日目上位 1日目 2日目 3日目 最終日
ブルックスケプカ 1位(-6) 1位(-7) 4位(-10) 2位(-12)
デシャンボー 1位(-6) 16位(-3) 31位(-2) 29位(-4)
フィルミケルソン 1位(-6) 12位(-4) 14位(-6) 18位(-6)
イアンポールター 4位(-4) 10位(-5) 5位(-9) 12位(-8)
ダスティンジョンソン 4位(-4) 6位(-6) 7位(-8) 2位(-12)
2日目首位 1日目 2日目 3日目 最終日
ブルックスケプカ 1位(-6) 1位(-7) 4位(-10) 2位(-12)
アダムスコット 6位(-3) 1位(-7) 12位(-7) 18位(-6)
ジェイソンデイ 11位(-2) 1位(-7) 14位(-6) 5位(-11)
F.モリナリ 11位(-1) 1位(-7) 1位(-13) 5位(-11)
ルイウーストハイゼン 21位(-1) 1位(-7) 7位(-8) 29位(-4)
 
3日目上位 1日目 2日目 3日目 最終日
F.モリナリ 11位(-1) 1位(-7) 1位(-13) 5位(-11)
トニーフィナウ 21位(-1) 16位(-3) 2位(-11) 5位(-11)
タイガーウッズ 11位(-2) 6位(-6) 2位(-11) 1位(-13)
ブルックスケプカ 1位(-6) 1位(-7) 4位(-10) 2位(-12)
イアンポールター 4位(-4) 10位(-5) 5位(-9) 12位(-8)
ウェブシンプソン 29位(E) 29位(-1) 5位(-9) 5位(-11)
最終日上位 1日目 2日目 3日目 最終日
タイガーウッズ 11位(-2) 6位(-6) 2位(-11) 1位(-13)
ブルックスケプカ 1位(-6) 1位(-7) 4位(-10) 2位(-12)
ダスティンジョンソン 4位(-4) 6位(-6) 7位(-8) 2位(-12)
X.シャフレ 44位(+1) 6位(-6) 7位(-8) 2位(-12)
F.モリナリ 11位(-1) 1位(-7) 1位(-13) 5位(-11)
トニーフィナウ 21位(-1) 16位(-3) 2位(-11) 5位(-11)
ウェブシンプソン 29位(E) 29位(-1) 5位(-9) 5位(-11)
ジェイソンデイ 11位(-2) 1位(-7) 14位(-6) 5位(-11)
 

マスターズ2019 結果

優勝 タイガーウッズ -13

32位タイ  松山英樹  -3 

58位タイ  金谷拓実  +5

61位          小平智            +6

予選カット  今平周吾

出場日本人選手 松山英樹・小平智・今平周吾・金谷拓実

マスターズ2018 結果

優勝 パトリック・リード -15

19位    松山英樹   -3

28位タイ  小平智    ±0

予選カット  宮里優作 池田勇太

マスターズ2017 結果

優勝スコア

-9 (セルヒオ・ガルシアとジャスティン・ローズのプレーオフ➡ガルシアの優勝)

11位タイ 松山英樹 -1 

予選カットライン        +6

54位タイ    池田勇太    +7 

84位タイ    谷原秀人    +12 

マスターズのチケットの値段、チケットの取り方

観戦のみのチケットは10~100万円です。

なぜ、値段にこのような開きがあるかというと、

1つ目は「すでにチケットは買えない。コースのメンバーさんが観戦の権利を持っている」

2つ目は「個人間のやり取りの場合、オークションや当日現地でのダフ屋での取引になるから」

です。

マスターズは他の大会と同じように、観客用にチケットがあり、チケットを持っている人が入場、観戦できる仕組みです。
ただし、パトロン と呼ばれる昔から代々続く会員の方で、何十年先までチケットは売り切れており、これを手に入れるには、
ダフ屋で買ったり、ネットオークションで買ったり、

日本の旅行会社のツアーで行く
などしか手段はありません。
ダフ屋やネットオークションは、値段が推移しますので、参考までに最終日のチケットは
10万円~50万円程度と言われています。

旅行会社のツアーでは、50~100万円程度と高額ですが、確実にチケットが取れますし
中には実際の使用コース オーガスタを数ホールラウンド出来たり、ゴルフ好きには夢のようなツアーもあります。

時間と金銭に余裕があれば、死ぬまでに1度行ってみたいですね。

関連記事

「マスターズ」にアマチュアゴルファーが出場する方法

「全英オープン」の優勝賞金、優勝者、日本人選手結果、など

「全米オープン」の優勝賞金、優勝者、日本人選手結果、など

「全米プロ選手権」の優勝賞金、優勝者、日本人選手結果、など