2021マスターズの優勝賞金比較と2017~21結果マスターズの観戦チケットの値段も紹介します

2021マスターズの優勝賞金比較と2017~21結果マスターズの観戦チケットの値段も紹介します

マスターズの優勝賞金とは!?

2022年は、???万ドル(開催週の土曜日に発表)でした。
2021年は、207万ドル(2億2697万円相当)でした。
2020年は、207万ドル(2億4000万円相当)でした。
2019年は、207万ドル(2億4000万円相当)でした。

関連記事:2021の松山選手のホールbyホール

2022年のマスターズの優勝賞金は、例年通りだと、3日目の土曜日に(日本時間の日曜日)に発表されます。

ゴルファーの夢の中でも1番多いかもしれない夢の1つ、マスターズで優勝しグリーンジャケットを着ること。
マスターズでの優勝はゴルファーの頂点とも言える称号です。

マスターズの優勝賞金、賞金総額は、放映権の料金や、観客動員などの収入に応じて決定されるため事前には、公表されません。
土曜日の時点で発表されることが多いようです。

年度別マスターズ優勝賞金と総額(単位はドル)

マスターズ賞金

2021

優勝 207万ドル(2億2697万円)
総額 1150万ドル(12億750万円)

2020

優勝 207万ドル(2億4000万円)
総額 1150万ドル(12億750万円)

2019

優勝 207万ドル(2億4000万円)
総額 1150万ドル

2018年

優勝 198万ドル
総額 1000万ドル

2017年

優勝 198万ドル
総額 1000万ドル

2010年
優勝 135万ドル
2005年
優勝 82.8万ドル

 

マスターズの優勝賞金と他の大会の比較

関連:ゴルフ4大メジャーの過去の優勝スコアの比較で判明したこと

他のメジャー大会との優勝賞金の比較

 
マスターズ198万ドル
全英オープン189万ドル
全米オープン216万ドル
全米プロゴルフ189万ドル
 
ゴルフの4大メジャーの中でマスターズは4大会の平均値と同じ額の198万ドルです。
1年の最初に行われるメジャー大会のため、ある意味基準になっているのかもしれませんね。
※2018年比較
 

PGAレギュラーツアーと優勝賞金の比較

 
PGAレギュラーツアーの優勝賞金平均は105万ドル
マスターズは4大大会の1つですが、その他のPGAツアーの大会は優勝賞金の平均が105万ドル(約1億円)となっています。
マスターズは約倍額の180万ドルですので、いかに大きな大会かわかりますね。
 
 

日本ツアーと優勝賞金の比較

 
日本ゴルフツアーの優勝賞金は、1000~3000万円です。米ドルに換算すると10~30万ドルになります。
ざっくり10倍した数がアメリカでの賞金と覚えていて良いでしょう。
日本のゴルフ人気が上がって、優勝賞金も高まってくれると嬉しいですね。
 
 

他のスポーツとの大会との比較

 
テニスの4大大会       =3.2~4.0億円
バドミントンメジャー大会 =1.0~1.25億円
卓球ワールドカップ    =600万円
 

比較まとめ

 
マスターズ                =198万ドル(2億円)
他のメジャー4大会  =198万ドル
レギュラーツアー    =105万ドル(1億円)
日本ツアー                =20万ドル

年々、右肩上がりに優勝賞金も総額も増えていますが、

2017年と2018年で横ばいになりました。
マスターズでは、広告が貼られずマスターズロゴが貼られる事でも有名で放映料や観客動員数が、主な収入源と見られます。

年度別マスターズ優勝者(スコア)と日本人結果

マスターズ2020結果

マスターズ2021結果速報と各日上位選手の順位変動[各年の流れ付]

マスターズ2019結果

詳細な順位変動や、ハイライトは以下の記事で紹介しています。
詳細:マスターズ2019結果と各日上位選手の順位変動

2019マスターズ順位の遷移表

1日目上位 1日目 2日目 3日目 最終日
ブルックスケプカ 1位(-6) 1位(-7) 4位(-10) 2位(-12)
デシャンボー 1位(-6) 16位(-3) 31位(-2) 29位(-4)
フィルミケルソン 1位(-6) 12位(-4) 14位(-6) 18位(-6)
イアンポールター 4位(-4) 10位(-5) 5位(-9) 12位(-8)
ダスティンジョンソン 4位(-4) 6位(-6) 7位(-8) 2位(-12)
2日目首位 1日目 2日目 3日目 最終日
ブルックスケプカ 1位(-6) 1位(-7) 4位(-10) 2位(-12)
アダムスコット 6位(-3) 1位(-7) 12位(-7) 18位(-6)
ジェイソンデイ 11位(-2) 1位(-7) 14位(-6) 5位(-11)
F.モリナリ 11位(-1) 1位(-7) 1位(-13) 5位(-11)
ルイウーストハイゼン 21位(-1) 1位(-7) 7位(-8) 29位(-4)
 
 
3日目上位 1日目 2日目 3日目 最終日
F.モリナリ 11位(-1) 1位(-7) 1位(-13) 5位(-11)
トニーフィナウ 21位(-1) 16位(-3) 2位(-11) 5位(-11)
タイガーウッズ 11位(-2) 6位(-6) 2位(-11) 1位(-13)
ブルックスケプカ 1位(-6) 1位(-7) 4位(-10) 2位(-12)
イアンポールター 4位(-4) 10位(-5) 5位(-9) 12位(-8)
ウェブシンプソン 29位(E) 29位(-1) 5位(-9) 5位(-11)
 
最終日上位 1日目 2日目 3日目 最終日
タイガーウッズ 11位(-2) 6位(-6) 2位(-11) 1位(-13)
ブルックスケプカ 1位(-6) 1位(-7) 4位(-10) 2位(-12)
ダスティンジョンソン 4位(-4) 6位(-6) 7位(-8) 2位(-12)
X.シャフレ 44位(+1) 6位(-6) 7位(-8) 2位(-12)
F.モリナリ 11位(-1) 1位(-7) 1位(-13) 5位(-11)
トニーフィナウ 21位(-1) 16位(-3) 2位(-11) 5位(-11)
ウェブシンプソン 29位(E) 29位(-1) 5位(-9) 5位(-11)
ジェイソンデイ 11位(-2) 1位(-7) 14位(-6) 5位(-11)
 

 

 

初日首位選手スコア変動


 
画像
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は c5b59f6f92aa303ecffd9640777756b6.png です

マスターズ2019 結果

関連:マスターズ2019結果と各日上位選手の順位変動

優勝 タイガーウッズ -13

32位タイ  松山英樹  -3 

58位タイ  金谷拓実  +5

61位          小平智            +6

予選カット  今平周吾

出場予定日本人選手 松山英樹・小平智・今平周吾・金谷拓実

マスターズ2018 結果

優勝 パトリック・リード -15

19位    松山英樹   -3

28位タイ  小平智    ±0

予選カット  宮里優作 池田勇太

マスターズ2017 結果

優勝スコア

-9 (セルヒオ・ガルシアとジャスティン・ローズのプレーオフ➡ガルシアの優勝)

11位タイ 松山英樹 -1 

予選カットライン        +6

54位タイ    池田勇太    +7 

84位タイ    谷原秀人    +12 

マスターズのチケットの値段、チケットの取り方

観戦のみのチケットは10~100万円です。

なぜ、値段にこのような開きがあるかというと、

1つ目は「すでにチケットは買えない。コースのメンバーさんが観戦の権利を持っている」

2つ目は「個人間のやり取りの場合、オークションや当日現地でのダフ屋での取引になるから」

です。

マスターズは他の大会と同じように、観客用にチケットがあり、チケットを持っている人が入場、観戦できる仕組みです。
ただし、パトロン と呼ばれる昔から代々続く会員の方で、何十年先までチケットは売り切れており、これを手に入れるには、
ダフ屋で買ったり、ネットオークションで買ったり、

日本の旅行会社のツアーで行く
などしか手段はありません。
ダフ屋やネットオークションは、値段が推移しますので、参考までに最終日のチケットは
10万円~50万円程度と言われています。

旅行会社のツアーでは、50~100万円程度と高額ですが、確実にチケットが取れますし
中には実際の使用コース オーガスタを数ホールラウンド出来たり、ゴルフ好きには夢のようなツアーもあります。

時間と金銭に余裕があれば、死ぬまでに1度行ってみたいですね。

関連記事

「マスターズ」にアマチュアゴルファーが出場する方法

「全英オープン」の優勝賞金、優勝者、日本人選手結果、など

「全米オープン」の優勝賞金、優勝者、日本人選手結果、など

「全米プロ選手権」の優勝賞金、優勝者、日本人選手結果、など