ゴルフの暑さ対策と便利グッズ

ゴルフの暑さ対策と便利グッズ

この記事では暑い日のゴルフやゴルフの観戦で役に立つ暑さ対策を紹介します。
30度を超えるような暑い日の中で
ゴルフ場では毎年のように熱中症で倒れる方がいます。
しかしゴルフ場の立地条件的にも、救急車が到着するまでに時間がかかることが多いので危険な状態になりかねません。
しっかりとアイテムで対策をして暑さで体調を崩さないようにしましょう。

氷のう(効果5⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️)


ゴルフは待ち時間の多いスポーツです。
1ラウンドで6時間も外に居るので、熱中症になる方が多いです。
カートに置いておけば邪魔になりませんし、適度に首や頭を冷やすことで体感温度はかなり変わります。
原始的な道具ですが効果が高いのも事実です。

ネッククーラー(効果4⭐️⭐️⭐️⭐️)

氷のうと同じく効果の高いアイテムです。
こちらの場合、常に身につけていることも可能なのがメリットです。
その代わり氷のうよりも温まるのが早いです。
暑い時間からのプレーやショット以外の時は付けていたいという方にはおすすめです。

日焼け止め(効果4⭐️⭐️⭐️⭐️)

日焼け止めは、説明不要の必需品です。
ヌルヌルとした感覚が苦手な方はアネッサなどの女性用の少し高価な日焼け止めを使用するとサラサラとして気になりにくいです。

サンバイザー(効果4⭐️⭐️⭐️⭐️)

夏のゴルフでも普段と同じ帽子を被っている方は多いのではないでしょうか。
今まで抵抗があってサンバイザーを被ったことがない方はぜひこの機会に試していただきたいです。

関連:ゴルフの帽子の種類と選び方

サングラス(効果3⭐️⭐️⭐️)

サングラスは花粉対策の記事でも紹介しましたが、暑さ対策にもなります。
日差しの強さを感じると人は暑さも同時に感じやすくなります。
また、眼球も日焼けをするのでその対策にもなるでしょう。

関連:ゴルフの花粉対策を紹介します

夏用下着(効果3⭐️⭐️⭐️)

たぬき
アンダーウェアを着たいけれど暑い!

という方にぴったりです。
日焼けも防げますし、汗を吸ってくれるので昼休みにクラブハウスの冷房で冷えすぎてしまう心配もありません。
ゴルフグローブとウェアの隙間の手首の部分に日焼けあとが残りやすいので、しっかりと対策をしましょう。

クールスプレー(効果2⭐️⭐️)


スプレーをするのは、怪我の時だけではありません。
スポーツをしている間は身体のエネルギーを使うため体温が上がりやすいので、筋肉を冷やすために使うと良いでしょう。
氷のうほどの効果はスプレーにはありませんが、氷のうと違いかさばらずに使用できるのがいい点です。
個人的には気休め程度かとも思います。

夏用グローブ(効果1⭐️)


ゴルフグローブにも夏用があるのはご存知でしょうか。
汗を沢山かいても滑りにくかったり、風通しの良い素材が使われています。
ゴルフグローブはすぐに汗で黒ずんでしまいますので、こまめに交換しましょう。
同伴者のグローブが臭かったという話はそこそこの頻度で聞く話です。

 

[関連記事]

➡️ゴルフの帽子の種類と選び方
➡️ゴルフ歴10年のオススメする、長く使うゴルフアイテム3選!
➡️レーザー距離計測器と1万円以内のGPS距離計測器