テーラーメイド スパイダー ツアーレッドを試打

テーラーメイド スパイダー ツアーレッドを試打

今回は噂のパターの試打をしてきたので、紹介します。

あまりにも話題になっていて、2017年~USPGAツアーのトッププロがよく使っているので、気になって試打してきました。

 

テーラーメイド スパイダー ツアーレッドや黒色のプロトタイプの使用選手。

 

通称:赤蜘蛛

2017年マスターズにて セルヒオ・ガルシオ が使用し、優勝したことから更に有名になりました。

 

ジェイソン・デイは、黒から赤蜘蛛の同じタイプへ変更しました。

 

ダスティン・ジョンソンも黒のプロトタイプを使用しています。

黒のタイプはグリップが76gと少し重く(赤蜘蛛は58g)

フェースは80-20アルミニウムとなっております。(赤蜘蛛はアイオノマー)

 

そんな「赤蜘蛛」を試打してきました。

テーラーメイド スパイダーツアーレッドの特徴

とにかく構えた時の「すわり」が良い。

普段の自分がピン型を使っていることもありますが、構えた時に地面にパターの底の部分が付いている面積が大きいので、すわりが良いと感じます。

真っすぐ出せるかどうかについては、ストロークやイメージによって個人で大きく異なりますが、

このパターを構えて、すわりが良いというのは共感していただけるかと思います。

地面にペタッとくっつく様な感覚のまま打てますので、安定感があります。

 

真っすぐ引いて真っ直ぐ打ち出したい方に向いている

真っすぐ引いて真っすぐ出すというパターへの考え方をする方は

イメージとパッティングが合う可能性が高いです。

一方で、パターでもフェースローテーションを感じて打ちたいタイプの方は合いません。

よくわからない方は、曲がるラインを想像していただいて、パターを打つ時にイメージするラインが直線だとこのパターが合います。

 

 

 

試打クラブのスペック

ロフト:3.5°

ライ角:70°

長さ :34インチ

 

[パターの関連記事]

プロキャディ清水さんの教える「ラインの読み方」

キャディを6年やってわかったラインの読み方

グリーン上でのクラブの置き場所