単品ウェッジとアイアンセットのウェッジはどちらを買うべきか

単品ウェッジとアイアンセットのウェッジはどちらを買うべきか
昔の自分にアドバイスができるとすれば
できるだけ早く単品ウェッジを購入しなさい。
と言ってあげたいです。
なぜならば、その単品で購入したウェッジを今でも使用しているからです。
 

単品ウェッジとアイアンセットのウェッジとの違い

単品ウェッジとアイアンセットのウェッジは何が違うのでしょうか。

それぞれにメリットがありますので、メリットを理解したうえで、購入や検討しましょう。

単品ウェッジのメリット

開いて構えるとその差は歴然!!

アイアンセットのウェッジはバンスが大きい傾向にあります。
バンスが大きい事はバンカーの脱出に易しいメリットもありますが、ゴルフが上達すると、バンカーショットの易しさよりも、バンスが少ないメリットが大きくなってきます。
単品のウェッジを1度、フェースを開いて構えてみてほしいのですが、バンスの少ない角度のクラブをフェースを開くと、地面にペターッッとくっつきます。
ゴルフショップなどで簡単に試すことが出来ますので、是非一度試して見てください。
その感覚は実際に構えてみないとわからないものです。
 
アプローチの練習はどこまで上達してもいつまでも必要なので、どうせならこの機会に開いて構えるアプローチを練習しましょう。
フェースを開いてアプローチ出来ると、ランが減るので距離の計算がしやすい、下り傾斜でもキュキュッと止まるショットを打つことができます。
ロブショットもフェースを開いて打ちます。
[関連記事]
 
ちなみに筆者たぬきゴルフのおすすめは自身も使用している「キャロウェイのマックダディシリーズ」です。
フェースに特殊な凹凸加工がしてあり、マックダディ2が販売されたときは、そのスピン性能が話題になりました。
ノーメッキと言って錆び止め加工をしない物を購入して、サビも楽しんでいます。
 
 
日本国内で1番人気は「タイトリスト ボーケイシリーズ」です。
 

欲しい距離をロフトで出す

ロブショットがコースでも普通に使えるようになると、
打ちたい距離を「ロフトの開き具合」で距離感が出せるようになります。
15yardと20yardを 振り幅の違いで距離感を出すのは難しいですが
 ロフトの開き具合で距離感を出せば、振り幅は同じでも色々な距離を打ち分けることが可能になります。
 

より短い距離での緩みが減る。

例えば、10yardのアプローチを想像してみてください。落としどころを半分の5yardとします。
5ヤードのキャリーを出すための振り幅ってものすごく小さいですよね。
このような状況でのアプローチは
短い距離になればなるほど、緩んだスイングになりやすくなります。
ロフトを開くことで、通常のロフトの時よりも振り幅が大きくなりますので、
緩みミスというのが減っていきます。
 

中間距離を打つにも重いクラブは有利

たぬき
半端な距離が苦手だヨ。 

というゴルファーさんは、多いのですよね。30~50yardの半端な距離の精度は、どうしてもフルショットよりも落ちてしまいます。

プロゴルファーでも中間距離のショットの成功率は大きく下がります。
ハーフショットは重い方が安定するので、軽いクラブでつい速く振ってしまったということも少なくなりやすいです。
 
 

アイアンの記事一覧

アイアンセットのウェッジのメリット

ロングアイアンからの連続性がある

アイアンセットは重さ、長さ、ロフト、がロングアイアンから続いているので、ほかのアイアンと同じ感覚でウェッジを振ることができます。
アイアンとウェッジであまりにも重さやロフトの連続性が無いと
別々の意識でスイングしなければならなくなるので、単品ウェッジ購入時は注意が必要です。
 

易しい。 ダフリのミスをしてもミスの幅が狭い

アイアンセットのウェッジは初心者向けのため、少々のミスをしても、滑ってそこそこの結果になりやすいようにできています。
しかし、意図的にクラブをボールの下へくぐらせたい時や、ロブショットを打ちたい時、スピンコントロールしたい時などの操作性には優れません。
そういった技術がついてきたら、必然的に、バンスの少ない、クラブになっていく可能性があります。
 

バンス角が大きいのでバンカーが出やすい

バンス角があると、とにかくバンカーにクラブが潜っていきにくいです。
ザックリのミスが減るので脱出しやすくなります。
砂の量を調節したり細かいことを考えずに、ただバンカーから脱出したい場合は
バンスの大きいクラブが向いているでしょう。
 

まとめ

予算に都合がつけば、単品ウェッジをオススメします。
単品ウェッジに適する技術は、「スコアがまだ100だから…」
というような実力関係なしに身についていればそれだけ、いいアプローチのできる可能性の高い技術です。
上手になってから単品アイアンを購入するという考え方もありですが、自分としては最初から色々なことの出来る道具(単品ウェッジ)で技術を磨いてほしいです。
アプローチの練習が楽しいと思える時期が必ず来るので
その時までもう少し頑張ってみてください。
 

ゴルファーに1番人気の単品ウェッジ ボーケイシリーズ

 
[関連記事]