90を切れない人はアプローチから。他の分野を練習しても遠回りかもしれません

90を切れない人はアプローチから。他の分野を練習しても遠回りかもしれません

90の壁をなかなか切れない人は、100の壁を切ったときと同じように沢山ショットの練習をしていませんか?

ショットももちろん大切ですし、OB率を10%(1R平均1.8回)以内に抑えたり

最低限のコースマネジメントも必要です。

ツアーキャディが考えるコースマネジメントの考え方

キャディをしていた時も、「ショットは80前後のクオリティなのに、アプローチで90超えてる」という

方は非常に多く

逆に「アプローチだけは80台を出せるレベルだ」という方は見たことがありません。

日本人はアプローチの練習が不足する傾向にあるのだと思います。

自分のアプローチの上達度の確認をするには基準となる

スクランブリング率を計算してみてください。

スクランブリング率=パー以下で上がったホール数÷パーオンを外したホール数(×100)=%

他にもリッキオの法則という、ショットとスコアの相関関係を計算する簡単な計算式もあります。

リッキオの法則=95-パーオン×2=スコア

⇒リッキオの法則に関する記事はこちらです。

スクランブリング率が難しければ30ヤード以内からアプローチした数とそれをワンパットで決めた、

いわゆる寄せワンの成功数を数えてみてください。

90台の方は1ラウンドで3~6回のパーオンが多いので、

10回以上は少なくとも、グリーンの外からアプローチをしています。

そのアプローチの寄せワンを半分の50%出来れば5打縮まります。

ちなみに

USPGAツアーのトップは70%over

欧州男子ツアーのトップは75%over

です。

日本よりも圧倒的にグリーンが難しく、グリーンも速い男子ツアーでこの数字ですから、プロの実力を差し引いても50%を目指して練習するべきです。

それだけで90は楽に切れます。

スコア95の人と85の人にはアプローチにどんな差があるのか。

まず、90台のスコアの方の多くは、アプローチでナイスショットをできていません。

フェースにボールがうまく乗っていないとも言います。

必ず、トップかダフっています。

綺麗な当たりのアプローチは飛距離が出ないので強く振れます。

綺麗なインパクトを出来たアプローチって、本当に飛ばないですし、スピンが掛かります。

ボールを捉えたクラブのフェースの溝を一つ一つボールが登り、ボールの下をクラブが通るので、

打っている本人のイメージとしては、スイングの後からボールが前に出て行くイメージです。
これが出来ると、振り幅大きく小さい距離を振れるので、距離感を凄い簡単に出しやすくなります。
更に、スピンが短い距離でも効くので、左足下りの斜面や難しいライでも、成功のイメージが膨らみ、成功率もあがります。

ロブショットなんか打たなくても綺麗にアプローチでインパクトすることができれば、好きな場所に止められるのです。(10フィート程度の速さのグリーンであれば)

30ヤード以内のアプローチ、練習場のライであれば90%くらいは狙いの1yard以内に誤差が収まるように練習しましょう。

それでも90を切れない方はメンタル面の問題かもしれません。

併せてお読みください。

⇒90切るときに必要なメンタル。考え方でスコアを減らす。

室内でアプローチ練習ができる練習器具

[関連記事]スコアごとの上達方法

ベストスコア90を切るためのメンタルと実体験談。
80を効率良く切るためにやってよかったことやらなくてよかったことスタッツ公開[体験談付]
ゴルフレッスンを動画で受けるメリット
初めてのコースデビューまでに必ずしておきたい事
初めて練習場に行った人の体験談と感想を紹介します。

[関連記事]

アプローチのコツと練習方法

距離感の作り方と当たりの厚さ

アプローチのコースでの手順。打つだけではうまくなりません。