ゴルフ オリンピック グリーン上のパッティングのゲーム

ゴルフ オリンピック グリーン上のパッティングのゲーム

グリーン上の「オリンピック」という遊び

ゴルフがオリンピック正式競技に採用されたため紛らわしくなりましたが、今回は4年に1度の五輪ではありません。
昔からあるグリーン上の遊びの「オリンピック」について説明します。

 

オリンピックのルール

オリンピック

「オリンピック」という遊びは、
いかに遠くからパットを沈めるかを競うもので、ポイント制です。
グリーンに全員のボールがオンした時点で、
それぞれの点数が決まります。
遠い方から順に
金(4点)銀(3点)銅(2点)鉄(1点)
とします。
この点数は、1パットで決めた時のみ
決めたプレーヤーに点数が入ります。
 
もし、外からチップインをした場合は、
ダイヤモンド(5点)となる場合が多いです。
これを18ホール合計して、点数を競う遊びになります。
 
ゴルフ規則に載っている物では無いので、地方や人によってルールが多少変わります。
(カラーやエッジからパターを使用した場合はチップインも金扱いになったり、チップインは10点など。)
3人でプレーする時は、金(4点)をなくしたり、
影武者と言って、1ピンの所に1人(影武者)ボールが乗っていると
仮定して、その影武者を含めて、金銀銅鉄を決めるというものもあります。
 

「その他の遊び」

 
ゴルフには、他にも色々な遊びがあります。
オリンピックと合わせて楽しむ方が多いように感じます。

・竿イチ

グリーンオンしたボールが、ピンの長さよりも長い位置にオンした場合、1パットで決めると加点が付くものがあります。
人によって、宣言制度や、3パットすると、罰が付く場合もあります。
 

・砂イチ

バンカーから出して、次の1打でカップイン(サンドセーブ)した場合に○点つくものがあります
 
 

注意点

 
個人的な意見としては、
ゴルフをスポーツと考えているので、こういった遊びは苦手です。
もし自分が選べる立場でのラウンドの日は参加しません。
 
しかし、断れない場合もあると思います。
急に言われてルールもわからずに、損をしないように、知識として知っておいていただきたいです。
また、自分がオリンピックをする場合も稀ですがあります。自分よりゴルフが上手なプレーヤーに持ちかけられた時は、ラウンドレッスン代として、お小遣い程度であれば、応じる事もあります。
もしやるのであれば、事前のルール確認と
自分や相手が最大に負けたときに、負けた方が不快にならない程度で行いましょう。
せっかくゴルフ場に遊びに行っているのに、
嫌な気分になって、その後の関係に影響したり身内で揉めるのはもったいないです。
 

[関連記事]

オーケーの出し方や基準、コンシードについて

ゴルフ オリンピック グリーン上のパッティングのゲーム

キャディさんのラインの読み方

練習いらずでパターが上達する方法

グリーン外からパターを使う際の注意点

パターの選び方長さ編

ロングパットが苦手で3パット以上してしまう方へのコツ