キャディさんの仕事内容で辛いと感じる方が多い業務内容と対策を紹介します

キャディさんの仕事内容で辛いと感じる方が多い業務内容と対策を紹介します

キャディさんのお仕事を始めようと考えている方や、キャディさんの仕事について知りたい方へ向けて書いています。

ベテランキャディさんの悩みはまた別にあるので、最初に断っておきます。

研修内容は、本当に様々です。
関連記事:➡キャディのお仕事の給料について紹介します

でもそれは、当然ですよね。会社や勤務先によって研修内容なんて、内容は似ているが
実際の手順はそれぞれだと思います。

キャディさん
ゴルフ場によって様々ですよね

関連記事:➡キャディのお仕事内容。ゴルフ場による違いは大きい!

キャディさんの仕事を探すならこちら➡ギガバイト

どこのゴルフ場も「他のゴルフ場に劣らないように」研修をします。
中には、独自のキャディ業務を売りにしている所もあります。

(おしぼりやお茶の配布、朝の挨拶など)

具体的にキャディさんのお仕事で新人さんに辛いと言われるのは以下の3つの業務が多いです。

・暑いし寒いしあわただしい朝の準備
・コースを覚えるまでが大変
・4人分のフォローをするグリーンでの動き

あわただしい朝の準備

朝の準備の中でも、特に慌ただしいのが、お客様のクラブを確認する。

というスタート前までの仕事です。
お客様のバッグとカートが揃ってから、スタート時間の間までにこの業務をしなければなりませんが、ゴルフ場の都合やお客様の到着時間によって、15分しか無いときもあります。
時間の無いときにクラブのチェックは焦ります。
しかも、キャディを始めて間もない頃は、クラブを見ても、何の種類かわかりませんので、クラブのチェック用紙のどこにチェックをしていいのかわかりません。
研修で、クラブの種類などは教えてくれますがその教わった物を見ながら業務をしていては時間が掛かってしまうので、難しいと感じる方が多いようです。

朝の準備の対策(新人キャディさん用)

スタート表の記入

スタート表 クラブ確認票

この業務は、「お客様のクラブの紛失を防ぐ」ためにするのです。
ですので、チッパー(クラブの種類の1つ)が何かわからなくても、ドライバーのメーカーが薄くなって読めなくても全く問題ありません。
わからなければ、クラブに書いてある数字や英語を書いておけば、なくなったのか。なくなっていないのか。
これがわかるので、良いのです。
総本数と、何が入っていたか、少しでも情報があれば、お客様は自分のクラブですので、
「あれだ。」
とわかることが多いです。
必ず、総本数を書く。わからない物はわからないなりに、書いておく。
これらが出来ればそんなに難しく考える必要はありません。

18ホールのコースを隅々まで覚える

コースにの理解度について、研修中にチェックするゴルフ場と、しないゴルフ場があります。
自分のキャディするコースは、覚えなければならない。
ということはその通りですが、ゴルフもしたこと無い方がいきなり18ホール全ての特徴や地形が覚えられたら凄いです。記憶力を活かした他の仕事も検討した方が良いです(笑)

キャディさん
覚えられない、辛いよ~。学生時代も暗記が苦手だったのに。。。

と言う新人さんがたまにいらっしゃいますが、すぐに完璧に覚える必要はありません。

何度かラウンドするうちに自然と覚えるようになりますし、実際にキャディ業務をして
お客様の打ったボールが飛んで、OBと呼ばれる場所に飛んだり、先が見えない所に飛んで、

どの辺に止まっているかを予想できるようになるために時間がかかります。

勉強よりも経験が大きいスキルになるので、最初は焦らないで、自分がボールを見失った場所や、わからなかった事は必ずメモを取りましょう。

created by Rinker
オキナ
¥322 (2019/05/22 17:21:55時点 Amazon調べ-詳細)

毎ラウンドメモを取っていると、「ボールが見つかりにくい場所」「お客様が打ちやすい方向」がわかってきます。

コースを覚えるのが辛い時の対策

他の業務でもいえることですが、最初は出来なくても不安にならないでください。
まずは特徴のあるホールや、好きなホール(景色が良い、池や川があるなど。)だけを覚えましょう。
3つくらい好きなホールを覚えておけば、その後はキャディ業務が進むにつれて、1ホールずつ覚えていけばいいです。
実際にはもっと早く覚えてしまいます。
またカート道を運転するつもりで想像するのも覚えやすさが上がります。
1番ホールが終わったらカートに乗って2番ホールまで運転するイメージで思い出しましょう。
1日に1回でもコース図を片手に思い出す練習をしていればすぐに覚えてしまいます。
気長にやりましょう。

グリーンでの動きはなかなかに難しい

1分で完了するギガバイトの始め方解説

自分の勤務した職場では、このグリーン上の動きを特に研修していました。
グリーン上が、キャディさんのお仕事が1番多い場所です。
ピンを抜く、クラブを渡す、クラブを預かる、ボールを拭く、ラインを読む、パターを預かる。
など、たくさんの仕事があり、これらの優先順位が状況によって変わります。
最初はてんてこ舞いです。
しかし、この仕事も出来るようになるには時間がかかりますし、ベテランキャディさんでも、お客様のプレー速度に合わせて出来ない方は沢山いらっしゃいます。

グリーン上の動きができない時の対策

たぬき
ベテランでも出来なくて良いのか!?

と思うかもしれませんが、キャディさんも人間ですので、1人で4人の面倒を見切れない事もあります。
そんなときは、お客様が自分で自分の事をします。
お客様は遊びに来ているので、そのお手伝いをするのが、キャディさんのお仕事です。
出来ないときはお願いして、後で御礼を言えば良いのです。

覚えやすいホールから覚える。
10回行けば勝手に覚えてしまう。出来る仕事を精一杯する。
お客様の娯楽のお手伝いという気持ちを忘れずに。

キャディさんの仕事内容を調べると
大変だ、きつい。
という言葉が沢山見られます。
しかし、最初から全部出来るようになろうと思えばキツいですが、お客様のために出来る事をする。という点では他のお仕事と何ら変わりありません。
他の仕事に比べて人と話す機会が多く、同じお客様と何時間も一緒に居るので
お礼を言われたときのやりがいや
楽しいときは、お話をしているだけで終わってしまう日もあります。
是非1度ゴルフ場のキャディさんをしてみたり、キャディさんの業務について
考えてみてください。

クラブの名前が覚えられない時は、覚える必要はありません

たくさんのクラブの名前やメーカーの名前が出てくると思います。
しかし、メーカー名なのか商品名なのかも最初のうちはわからないはずです。
頭がこんがらがってしまいますが、最初は覚えなくてもいいです。
優先順位でいうと
コース>>>ルール>>>>>>>>>>>クラブ
の順に覚えればいいので、最初は気にせずに仕事をしましょう。
クラブを覚えたい場合は名前をスタート表にメモをする癖をつけていると、何度も出てくる名前が限られてくるので自然に覚えます。
よく見かけるメーカーで読みにくいものをあげておきます。
XXIO = ゼクシオ
PING =    ピン
と読みます。

体力的にきついことへの対策

キャディという仕事は体力を本当に使います。
キャディを始めたばかりの方に言うとあまり信じてもらえないのですが、急に体力的に楽になる時がきます。
これは自分だけでなくベテランキャディさんも皆言っているので間違いありません。
最初の1ヶ月や2ヶ月は家に帰宅すると、バタンと倒れて寝てしまうくらいきついと感じるのが普通です。
しかし、ある日急に楽になります。
この現象に驚き他のキャディさんに聞いて見たのですが、いつ楽になったかは人それぞれのようでした。
1人だち(デビュー)して楽になったと言う方もいれば、デビューしてから1ヶ月後に急に楽になったと言う方もいらっしゃいました。
時期には個人差があるにせよ、最初の頃の疲れを10とすると4〜6になる時が急にきます。
ずっと最初の頃の疲れの仕事ではキャディをやる人が1人もいなくなってしまいますので安心してください。
仕事を覚えたり無駄な動きが減ってくると更に体力的に楽になります。この頃には自身の体力もついているのかもしれませんね。

キャディさんの仕事を探すならこちら➡ギガバイト

1分で完了するギガバイトの始め方解説

関連記事

キャディさんのチップについて

キャディさんの仕事のメリットデメリットについて

キャディの仕事で怒られたりへこんだ時に読んでほしい記事

スタート表 クラブ確認票