ゴルフ初心者さんの当たらない飛ばない悩みでゴルフを嫌いにならないで下さい

ゴルフ初心者さんの当たらない飛ばない悩みでゴルフを嫌いにならないで下さい

この記事ではゴルフ初心者の方の悩みと解決法を紹介します。

初心者の方は悩みの共有をしてスッキリしてほしいですし、初心者でない方はこの記事を読んで初心者の頃の気持ちを思い出してみてください。

ゴルフ初心者の方の悩み

ゴルフの初心者の頃にありがちな悩みを紹介します。

ゴルフを初めてほとんどの人が、当たらないし当たっても飛ばない。

プロゴルファーもシングルプレイヤーも、偉そうに教えたがりのおじさんも皆、ここから始まっています。
この段階で悩む方は、人よりも空振りが多いです。
ボールに当たってもあまり飛ばない。真っ直ぐ飛ばない。右にしか飛ばない。
などが多いです。
しかし、このような悩みはほとんどの初心者ゴルファーさんが通る道で、特別才能が有る方以外は皆さん通るので気にせず、ゆっくり解決していきましょう。
その解決方法について書いていきます。
たぬき
飛ばない悩みを抱えたのはあなただけでは無いです

初心者に多い悩み:空振りが多い 解決方法:小さいスイングで練習

 
 
 
 
 
 
 
空振りが多い方や、当たってもかする程度の当たりが多い方は、フォームが間違っている可能性が大きいです。
ゴルフのスイングフォームは不思議な物で、「大きくすることは簡単」ですが
「小さくすることは難しい」です。
しかも小さいスイングの方がメリットが沢山あります。
身体の重心をなるべく低くして、体重移動も少なく、小さいスイングで当てるようにしましょう。
たぬき
ちんまりちんまり
また、空振りの多い方にアドバイスして、効果が高かったものが「重心を下げる」事です。
アドレスして、スイングの前にへその下に意識を向けます。
意識をするだけで特に何もする事はありません。
これだけで今まで通りスイングしてもらうと、空振りをする確率が大幅に減った方が多いです。
まずは空振りを減らして、ゴルフの練習が恥ずかしい気持ち→ボールを打つ楽しさやストレス発散になるようにしましょう。
 
 

初心者に多い悩み:飛距離が出ない。解決方法:時間

ドライバーショット

初心者なので「飛距離が出ない」は当たり前です。
最初の頃はとにかく小さいスイングで構いません。
そして飛距離が出ない理由の大きな配分を占めているのが、ミート率です。
まだ初心者のうちは芯で当てているつもりでも、真芯ではないです。
ゴルフが上達するにつれて、芯が狭くなり、真芯というものがわかってきますので、今のうちは前に綺麗に真っ直ぐボールが飛んでもそこまで芯ではないので、飛距離が出ません。
まずは9番アイアンなど、簡単なクラブで芯に当てられるように練習しましょう。
そして、飛距離が出なくても気にしないでください。まずは当てる確率を上げる事が先で、3球連続ナイスショットを打ったり、狙ったグリーンに10球連続で乗せることが出来るようになると、特に何もしなくても、飛距離は上がっていきます。
関連:上達と共に飛距離が上がったという経験者たちの体験談
 
男性であれば、PWで70yard
7番アイアンで100yard 出ていれば異常はありません。
上達するうちに飛距離は伸びて来ます。
身近にセンスがあって、最初から飛ばす人がいても気にしないようにしましょう。
関連:上達とともに飛距離が伸びた体験談

ゴルフの上達する段階の最初で躓かないために

 

今までたくさんの初心者ゴルファーを見てきて、ゴルフの上達には段階があると感じました。

今回は初心者ゴルファーの中でも、特に多い悩みの最初の壁について、紹介します。 

これを知るすることで、ゴルフはみんなこんな風に上手くいかないところからスタートするのかを知ることができます。

伸び悩んでいる方はどの段階に自分が居て、何をすれば上達するのかがわかります。

ゴルフは続けれていればほとんどの方が上達しますが、せっかくなら、遠回りを極力減らして上達して頂きたいです。

 

初心者の方の悩み:どんな道具を買えばいいのかわからない。

 
 
たぬき

ゴルフの道具は種類が多すぎてわからない
という方が多いと思います。
そんな方は、まずはとりあえず中古の安い物でも構いません。
大きめのドライバーと、キャビティのアイアンセットを買いましょう。
最初は安価なクラブで初めて、ゴルフにはまれば勝手に欲しいクラブや好きなメーカーが出来ます。
まずは、自分のクラブを手に入れて気分を上げましょうね。
 
 
[関連記事]
飛距離が出ない方が考えること。スコアはどこが限界か

真っ直ぐ飛ばない。右にしか飛ばない。

ゴルファーの最終形とは、曲がらずに真っ直ぐ
しかも、飛距離も出るみたいに考えている初心者の方が多いと思いますが違います。
プロゴルファーも、トップアマも皆どちらかに曲がりやすい不安や
間違ったらこっちに曲がるという 気持ちの中でゴルフをしています。
他人から見ると、フェアウェイにしか行かないし曲がってないように見えても
1日14回のドライバーを全部ストレートボールを狙っているゴルファーはプロでもトップアマでもきいたことがありません。
ストレートボールを狙わない理由については以下の記事になります
[ストレートボールは不要。ハイリスクローリターンな理由]
 
最終的に真っ直ぐ飛ぶゴルファーを目指すわけでは無いので
曲がることは気にしないようにしましょう。
ただし、どこにボールが飛ぶか。は、大切です。
曲がってもいいのでどのくらい自分が曲がるのか
最終的に狙う場所にボールが行くためには
どのくらいずらせば良いのかを意識して練習しましょう。
右にしか曲がら無いことは、武器でもあるのに、真っ直ぐ飛ばそうと思って真ん中ばかり狙ってしまう方がかなり多いです。
残念ながらゴルフを続けていると、左にも曲がる時が来てしまいますので
今のうちは安心して左を向いて右に曲げてやりましょう。
 
これをするだけで、上達のスピードは圧倒的に速くなります。
練習量も大切な時期ですが
考え方が合っていると、上達するスピードがかなり変わります。
ゴルフは最高のショットを打つ確率を増やすスポーツではなく
最低点のショットのレベルを上げることでスコアが良くなっていきます。
スコアがよくなると、ゴルフが楽しくなり、練習をするようになり、スコアが良くなり
 
の好循環に入りますので、是非楽しんでゴルフをしてみてください。
 
 
 
 
[関連記事]
ゴルフが好きな方に伝えて欲しいゴルフの魅力と先入観について
 
初心者にゴルフを教える時の流れ 注意点
 
練習場デビューに人を連れていく人に読んで欲しい記事